Blog&column
ブログ・コラム

住宅の収納の種類はどんなものがある?

query_builder 2022/10/15
コラム
40
住宅の収納には、近年人気の高いシューズクロークやパントリーなど様々な種類があります。
とはいえ「どんなものがあるの?」とご存じない方もいるのではないでしょうか。
今回は、住宅内の収納を種類別に解説していきます。

▼収納の種類と特徴
住宅の収納は、目的や場所などによって、名前が異なります。
名称と特徴を解説します。

■クローゼット
主に洋間などに備え付けられる、衣服や生活雑貨用の収納です。
ハンガーパイプが設置されて、奥行きも衣服を収納するのに適したサイズであることが一般的です。

■押し入れ
主に日本建築における備え付けの収納を指します。
布団一式を収納することを、主要な用途として発展したため、クローゼットと比べると奥行きがあり、中段があることも特徴です。

■ウォークインクローゼット
クローゼットのように衣服や靴などを収納するのが目的です。
文字通り、人が歩いて出入りできるスペースが確保されていることが特徴です。
洋服が好きでたくさん持っている方や、家族の人数が多いご家庭に人気の収納です。

■シューズクローク
玄関脇に作られた比較的大きな収納をシューズクロークといます。
玄関からそのまま靴で入ることができ、棚を設ける場合が多いです。
土間が続いているので、靴だけでなく、ベビーカーや自転車を乗り入れての収納が可能です。

■パントリー
キッチンの近くに設置される、食料品の貯蔵を目的にした収納を指します。
防災用の備蓄と言う実用面や、食品をストックするのが好きという趣味の面など、多様な理由で設置されます。

■納戸
窓などからの採光が、建築法の基準に満たない空間を納戸(なんど)と呼びます。
書斎、子供の遊び場としても使われますが、収納スペースとして利用する場合も多いです。
サービスルームと呼ぶ場合もあります。

▼まとめ
住宅内にある収納の種類と特徴を解説しました。
収納には、クローゼット、押し入れ、ウォークインクローゼット、シューズクローク、パントリー、納戸などがあります。
それぞれの用途と特徴を理解して、リフォームや新築の際の間取りの参考にされてはいかがでしょうか。

NEW

  • 洗面台をおしゃれにリフォームする流れ

    query_builder 2023/01/01
  • 水栓の選び方のポイントとは?

    query_builder 2022/12/15
  • 照明の選び方のポイント

    query_builder 2022/12/01
  • おしゃれな空間を演出する間接照明の種類

    query_builder 2022/11/15

CATEGORY

ARCHIVE