Blog&column
ブログ・コラム

外壁に亀裂を見つけたときの対処法

query_builder 2022/06/08
コラム
30
外壁に亀裂を見つけたときは、どうしたらいいのでしょうか。
放っておくとどうなるのか心配になってしまいますよね。
当記事では、外壁に亀裂を見つけたときの対処法についてお伝えします。

▼原因
■塗装の劣化
外壁が、長年の雨風・太陽熱・紫外線に当たり続けることで劣化してしまうのが原因の1つです。
経年劣化による亀裂には、定期的なメンテナンスが必要です。

■塗装工事の不良
塗装して数ヵ月~1年しか経っていないのに亀裂が入った場合は、塗装工事がうまくできていなかった可能性があります。
乾燥時間を守らずに塗装したり、塗料の選択を誤ったことなどが原因です。

■その他
車の振動が多い場所などは、建物が振動を受け続けることで亀裂ができることも。
他にも、地震や地盤の傾きが原因になってしまうこともあります。
1つの原因だけではなく、複数の原因が重なって亀裂ができる場合もありますよ。

▼対処法
様子を見ておいていい亀裂と、すぐに対処しなければいけない亀裂があります。
対処法に迷った場合は、専門業者に相談することをおすすめします。

■0.3ミリ未満
0.3ミリ未満の亀裂は、まだ様子を見てもいい状態です。
しかし、亀裂が広がってしまう可能性があるため、早めに修繕する選択も。

■0.3ミリ以上
0.3ミリ以上の亀裂は、すぐに対処した方がいいでしょう。
放っておくと、雨が侵入して建物が傷んでしまう原因になります。

▼まとめ
外壁の亀裂は、大きさによってはすぐに対処した方がいい場合があります。
亀裂の原因は、塗装の劣化や工事不良などが考えられます。
弊社では、戸建て住宅の屋根外壁の定期的なメンテナンスも請け負っております。

NEW

  • 屋根を葺き替える場合の費用相場は

    query_builder 2022/08/15
  • 瓦を長持ちさせるための塗装のタイミング

    query_builder 2022/08/01
  • 外壁塗装の費用相場はどれくらい

    query_builder 2022/07/15
  • 外壁塗装に最適な時期は

    query_builder 2022/07/01

CATEGORY

ARCHIVE